忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

下流食い


ソーシャルゲームのことを「下流食い」とネット上で批判したジャーナリストがいたようです。ソーシャルゲームと言えばグリーやモバゲーが有名です。下流食いと言われているのは親に携帯料金を払ってもらっている中学生、高校生からぼったくることだというのです。中学生、高校をカモにしているというわけです。なぜ中学生、高校生をカモにするのか。それは、まだ世間の波に揉まれておらず、何もわからないので引っ掛かりやすいのです。あとは第三のビールや発泡酒を買う人も下流食いのカモになっているとのこと・・・。お金に余裕はない・・・だけど毎日飲みたいという層をターゲットにしている発泡酒や第3のビール。まさに下流食い、下流狙い・・・。スーパーに行って、600円~700円のウィスキーを見ていた人がボソッと、「高いなぁ・・・もう少し安いのないかなぁ・・・」と・・・。安いじゃん(汗)。普段そんなに安いお酒を飲んでいるのか・・・?。それでも飲みたい人間の欲求に付け込んでいるのですね・・・。

「被リンクの質」とは何か?質低い独自ドメイン、質高い無料ドメイン
リンク元は御客様自身で確認。被リンクチェックツールで被リンク検索

ヒプノサービス、東京都池袋
ヒプノ セラピー 池袋

ペンギンアップデート影響大なら新サイトに建て替えが最適な解決方法
2011年~2013年は検索世界の変り目。この期間挟んで旧時代と新時代に
SEO集客成功の決め手は戦略。戦理・競争の原則に基づいた弱者のSEO戦略
本文(コンテンツ)のテキスト量と発リンク数。SEO効果高いのどっち?
1サイトでPCもスマホも対応のレスポンシブルWeb技術ならSEOも安全か?
被リンク対策中のURLの検索順位は安定せず上下に動くのが普通
SEOサービスに順位保証は無い。故にSEO玄人のサービス選ぶ事が大事に
重複コンテンツ放置によりWebサイトに齎されるSEO集客「不利益」2つ
対策開始時に「勝てるキーワード」選んだお客様のみ今現在も栄えている
中小検索エンジンのリンクだけでも被リンクSEO技術次第で上位表示可
「不動の1位表示」「不動の上位表示」は1年から2年程度で達成する事多し
有害URL・虚偽記載サイトの順位を落とす逆SEOも対応可。風評被害対策
PR

自ら


そういえば、SNSでよく見かけるものがまだありました。「スタバ○○店なう」「今○○なう」と今自分がいるところをわざわざ自ら発信しているのです。なぜ?!、何が目的なのでしょうか。誰かと会いたいと思っているのか・・・。特定されても問題ないのでしょうか。こんなに人が多いんだから、自分が特定されることは絶対にないはずだ、 絶対にないと思っているのでしょうか。もし特定されて犯罪に巻き込まれてしまってからでは遅いのですから・・・。SNSで事件に巻き込まれることが増えてきているので、自分の身は自分で守らなくてはならないのです。それなのに自ら自分がいる場所を発信して居場所を知らせるなんて言語道断です。プロフィールに顔写真を載せていないのであればまだいいのでしょうが、顔写真を載せている人が堂々と「○○なう」「新宿アルタ前なう」と平気で情報発信をしていると、事件に巻き込まれないように気を付けるんだよ・・・(涙)と心配になります。

ムーアの法則に乗ってGoogle検索エンジンは進化。能力は2年で倍増

退行催眠術家HP
退行,催眠

1URL1キーワードで対策すると成功確率最も高く。2キーワードなら2URL
SEO業者との連絡に検索エンジン会社運営の無料メール使うな。情報漏れ
一過性一時的な順位ダウン順位落ちを気にしていてはSEO対策はできず
コンテンツ内の発リンクも「コンテンツの質」に影響。パンダアルゴ対策
検索結果で上位表示され且つ人気ある商品であれば嫌でも「売れて行く」
「質の低い被リンク」が数千数万と付けばマイナス評価もそれだけ大きく
競合サイトと比較して検索経由のアクセス流入少ない理由原因と解決法
競争激化で上位表示に要する期間長くなる。年々厳しさ増すSEO競争
キーワードに沿ってコンテンツの文章量増やすなら「SEOの力」となる
「コンテンツ役立ち度」は「独自性」より大事。Googleの内部SEO対策の勘所
「検索ユーザーの役に立つか?」で重複コンテンツのGoogle評価は変わる
安い低価格SEO対策や激安被リンクサービスではSEO競争に勝てず敗ける
SEO対策の実力。そろそろ「SEO兵器」レベルに達しつつある弊サービス群

炎上


よくツイッターやブログの炎上が度々ニュースになります。一般人の場合、匿名だから突き止められることはないと思われるかもしれませんし、思いがちです。ですが、今までニュースになった炎上したツイッターやブログのユーザーは必ず特定されています。・・・なぜでしょうか。匿名で絶対わからないはずなのに。事件の犯人もそうです。名前だけしかニュースには出ていないのに、どこから出てきたのかインターネット上には犯人の顔写真がさらされています。実名で一回でもSNSに登録してしまったら終わりですね。過去の利用記録から本名を突き止められてしまうのです。つぶやきだからと言って軽く考えてつぶやいてしまうと、炎上してしまうだけでなく、自分を突き止められてしまうのです。まじめに情報発信しているのであれば全く問題ないのでしょうが、人間ですからそうもいかないでしょう。ついついよく考えずにつぶやいてしまうこともあると思いますので、気を付けなくてはなりません。

池袋のカウンセリング屋さんホームページ
池袋、カウンセリング

1URL1キーワードか1URL1意味で対策。SEO原則。検索エンジン目線とは
「不動の1位表示」「不動の上位表示」を達成する方法やり方・SEO対策流れ
被リンク競走で勝ち続けられるようSEOサービス設計。被リンクの質と量
被リンク対策のみのサービス提供(販売)も可能。SEOサービス種類・大別
「1サイト1被リンク+ROS被リンク」と「1サイト1被リンクのみ」の違い
短期間結果が出てそれで終わるのが中小検索エンジン登録代行サービス
検索圏外に落ちない中長期的SEO集客の土台を築くには?内部&外部SEO
ペナルティは有料リンクでも発動せず。被リンクSEO技術の高低で発動す
URLのドメイン名のみ異なりディレクトリ名ファイル名は同じ。問題は?
両サイト(複数サイト)で記述が重複すると危険な箇所。Title重複は?
競争相手が弱く少ないキーワード早く順位上がる。競合強く多いと遅く
旧時代(昔)の被リンクが多く付いていると順位上げるのに大変苦労する
同じ記事群をPCサイトとスマホサイトで使い回すリスク、検索集客ゼロ
被リンクが認識されるとGoogleでは時間挟んで順位に反映、Bingは直ぐ