忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

炎上


よくツイッターやブログの炎上が度々ニュースになります。一般人の場合、匿名だから突き止められることはないと思われるかもしれませんし、思いがちです。ですが、今までニュースになった炎上したツイッターやブログのユーザーは必ず特定されています。・・・なぜでしょうか。匿名で絶対わからないはずなのに。事件の犯人もそうです。名前だけしかニュースには出ていないのに、どこから出てきたのかインターネット上には犯人の顔写真がさらされています。実名で一回でもSNSに登録してしまったら終わりですね。過去の利用記録から本名を突き止められてしまうのです。つぶやきだからと言って軽く考えてつぶやいてしまうと、炎上してしまうだけでなく、自分を突き止められてしまうのです。まじめに情報発信しているのであれば全く問題ないのでしょうが、人間ですからそうもいかないでしょう。ついついよく考えずにつぶやいてしまうこともあると思いますので、気を付けなくてはなりません。

池袋のカウンセリング屋さんホームページ
池袋、カウンセリング

1URL1キーワードか1URL1意味で対策。SEO原則。検索エンジン目線とは
「不動の1位表示」「不動の上位表示」を達成する方法やり方・SEO対策流れ
被リンク競走で勝ち続けられるようSEOサービス設計。被リンクの質と量
被リンク対策のみのサービス提供(販売)も可能。SEOサービス種類・大別
「1サイト1被リンク+ROS被リンク」と「1サイト1被リンクのみ」の違い
短期間結果が出てそれで終わるのが中小検索エンジン登録代行サービス
検索圏外に落ちない中長期的SEO集客の土台を築くには?内部&外部SEO
ペナルティは有料リンクでも発動せず。被リンクSEO技術の高低で発動す
URLのドメイン名のみ異なりディレクトリ名ファイル名は同じ。問題は?
両サイト(複数サイト)で記述が重複すると危険な箇所。Title重複は?
競争相手が弱く少ないキーワード早く順位上がる。競合強く多いと遅く
旧時代(昔)の被リンクが多く付いていると順位上げるのに大変苦労する
同じ記事群をPCサイトとスマホサイトで使い回すリスク、検索集客ゼロ
被リンクが認識されるとGoogleでは時間挟んで順位に反映、Bingは直ぐ
PR

オープン


ソーシャルメディアは匿名でありながら、実はオープンなものなのではないかと思い始めています。なぜオープンかと言いますと、ここで○○を食べたと写真を一緒にアップする、これを買ってきたと写真を一緒にアップする、ここに行ってきたと写真をアップする。この写真をアップするという行為が行動範囲、下手したら住んでいる場所を特定される恐れがあるのです。スマートフォンで写真撮影をする際、位置情報をONにしたまま撮影をして、その写真をインターネット上にアップしてしまうと、インターネットユーザーに自分の位置情報がさらされてしまうのです。ほとんどの人は一情報をOFFにして撮影しているでしょうが、この一情報の設定には気を付けて撮影してインターネット上にアップするべきです。匿名やニックネームでブログを運営できるからといっても油断してはいけません。実名じゃないから大丈夫というそのスキに色々つけ込まれてしまうので注意が必要です。

Google、「マイナス評価」導入と「コンテンツ優先・被リンク劣後」へ軸転換
Googleページランクは検索順位に影響を与えるか?影響するが小さい
内部対策ではページ自体の修正や再作成は必須。やらないなら負け確定
内部対策が不出来なら其の時点で負け「確定」。被リンク競走以前の問題
タイトルテキストは前方と後方に区分し記述内容を分ける。TitleのSEO
オリジナル部分・コンテンツにキーワードを十分記述するとSEO効果大
被リンク対策は「時間分散」が重要。被リンク設置時期の分散で自然化
被リンクを外さない契約のSEOサービス。「被リンク解除の例外規定」
SEO業者選びのコツ。経験値と未来予測能力が重要。知識と技術は当り前
「検索順位が中々上がらない=激しい競争が存在している」。被リンク競走
各キーワードで最適化されたコンテンツ群を用意すれば安定1位表示可
ペナルティ最も多いのは被リンク周り。コンテンツ周りもあるが少ない
ホストクラブやキャバクラサイトのSEO(コンサル+被リンク対策)も可能
コンサルタンツの武器はコンサルティング。被リンク対策Setで1位表示
文章量の少ないコンテンツがサイト内に多いと順位ダウン。パンダと量

追跡


これまた恐ろしいことが・・・。ソー活、ソーシャルメディアを使って就職活動をしたとします。企業は応募者のフェイスブックの足跡を追跡しているんだそうです。人事担当者においては、社内での社員のメールをチェックすることが当たり前になっているとのこと。・・・恐ろしい・・・。うちは社内メールで同僚とやり取りしていたなぁ。しかもたまに上司の悪口も書いてたし(笑)。でもふっるいパソコンを使う会社だったから良かったかな?。酷い時はyahoo!メッセンジャーでやり取り(笑)。たまに当選したりして(笑)。当選はいい当選ではないですよ(笑)。なんに注貴女が当選しました!!!と表示されるのですが、同僚も当選していて、こんな高確率当選ないでしょう(笑)。二人で当選してパソコンが動かなくなったので、パソコン担当の人にビクビクしたがら言いに行きましたよ(笑)。yahoo!メッセンジャーをやってた後ろめたさがあるから^^;。幸いそんなに怒られずに済みました。

検索上位表示
ホームページ SEO対策
広告代理店サービス
Google SEO対策
SEO対策 見積り
SEO対策サービス
SEOコンサルティング
ネットショップ 集客
SEO対策 費用
SEM対策会社
会社 SEO対策
SEM
SEO対策 見積り
格安SEO対策
Bing SEO対策